本文へスキップ

商品の紹介OUR ITEMS

自社製リビルト部品  乗用車用リビルト部品はこちら

エア・倍力装置  

中型・大型トラック・トレーラーでは、圧縮空気により各種装置を操作・制御しています。
特車事業部でリビルドしています。

エアドライヤ

大気中の余分な湿気やチリを取り除き、クリーンな圧縮空気を作ります。
エアドライヤについて詳しくはこちらをクリック →
 

エアドライヤ・テスター


エアドライヤのリビルトにあたり、シーケンサーを内蔵した当社オリジナルテスターを使用しています。
ガバナ・バルブの動作確認を自動で行い、試験結果をデータ保存。品番ごとに合格基準値を登録しているため、合否の判断はテスターが行います。

             

ブレーキバルブ

ブレーキペダルを踏むことで発生するエアが、チャンバーやエアマスターを介して車両に制動をかけます。

クラッチブースター

エアを利用してクラッチペダルの操作力を軽減します。
エア式、バキューム式、アクチュエータータイプなどがあります。

パワーシフト

シフトチェンジの操作力を軽減する装置です。

ブレーキチャンバー

スプリングやエアの力を利用してブレーキを効かせる装置です。ウェッジ式とスプリング方式に大別されます。

リレーバルブ

トレーラーヘッドから送られてくるブレーキエアをトレーラー(台車)側のブレーキシステムに効率よく配分し、応答性を向上させます。


高圧ホース

高圧ホース修理

建機やウィングカーの油圧ホース、整備工場等で使用しているスチーム洗車ホース、エアホースの 修理をしています。
また、ホースサービスカーによる現地出張サービスもいたします。
新品ホース(5m単位)も製作します。ホースは横浜ゴム製です。 

エアーツール類 修理

エアーツール修理

インパクトレンチ他、各種のエアーツールの修理を行っています。


純正リビルトエキスパンダー

エキスパンダー

エキスパンダーは、Sカム機構をウェッジ機構に変えたフルエアブレーキです。
特車事業部は、メーカー純正リビルトのサプライヤーです。 

リビルトブレーキライニング

ブレーキライニング

大型車〜軽自動車まで ドラムブレーキの各種ライニング張り替え
写真は、大型トラック用のリベット式ブレーキライニングです。


 

リビルトクラッチカバー

リビルトクラッチカバー

4t車や大型車のクラッチカバーでは、荷重が大きいため、ダイヤフラムの代わりにレバーを使っています。リビルトクラッチカバーでは、レバーキットを交換し、プレッシャープレートを研磨。専用テスターで、最適の状態に仕上げます。

ラジエーター

 アルミコア製      真鍮製

建設機械〜軽自動車まで 各種ラジエーター、インタークーラー、ヒーター
最近は、中型・大型トラックもアルミコア・プラスチックタンク仕様が多くなりました。
従来の真鍮製ラジエーターも修理しています。コア増し等の特注にも対応可能です。

研磨加工

ブレーキローター研磨

長年使用されたローターの表面には、レコード盤上の凹凸や制動時の熱による焼きや歪みが
できています。せっかくパッド交換しても、傷んだローターのままではパッドがローターに
均一に当らないので、交換時よりもブレーキの効きが甘くなったり、鳴きやジャダーが出て
しまうこともあります。1回の研磨の削り量は0.5mmほど。ローターの削り量の限界は2mm程度
なので、ローターの状況にもよりますが、数回は研磨が可能です。新品ローターへの交換より
安価で、ユーザーの満足も得られます。

ブレーキドラム研磨

ディスクローターと同じように、長年使用されたドラムにはライニングの当る面に回転方向に凹凸ができています。これを研磨することによって、新品ライニングとうまく当たりが出るようにします。ブレーキ鳴きやジャダー等のトラブルにも有効な対策です。

フライホイール研磨

フライホイールとクラッチディスクが当たる面には、熱で焼きが入ったり、クラックができていることがあります。研磨して一皮むいておけば、クラッチディスクが均一にフライホイールに当たり、切れ不良やジャダー等のトラブルを未然に防ぎます。
写真のフライホイールは防錆剤を塗布しているため当り面が黄色になってます。




    


バナースペース

マキ自動車工業株式会社

本部 東大和支店
〒207-0021
東京都東大和市立野3-587-4

TEL 042-562-1010
FAX 042-564-3461